日本のお水はほとんどが軟水なのですが、タイのお水は軟水と硬水の中間に位置する中硬水が多いそうです。ミネラル補に適していて飲みやすいのだそうです。

水の中に含まれる、カルシウムとマグネシウムの合計量を数値化したものを硬度というそうです。この硬度の低い軟水は、まろやかな口当たりが特徴で、味やだしが熔けやすいため、料理やお茶に使用するのに適しているそうです。一方硬度の高い硬水は、ミネラルを多く含むのでそのまま飲むのに適しているそうです。こちらタイでは冷たいお水を飲むことによってミネラルが摂取できるので、ミネラルウォーターをたくさん飲むように心掛けたいものです。

メインメニュー

タイ情報一覧

携帯サイト