ワットプラケオに行ったならば、本堂へ行き、エメラルド色をしたヒスイでできた本尊を参拝したいものです。覚えておきたいのは本堂は休館日があり、入れないことがあるので、心配な場合は事前に問い合わせておくのが無難です。

私が行ったときは、本堂にも入る事ができ本尊を参拝する事もできました。本堂に祀られている緑色のヒスイで作られた仏像は高さ66cm、幅48.3cmです。年に3回、季節の変わりめに厳かな儀式が行われ、国王自らが仏像の衣装を取り替えるのだそうです。本堂内の壁一面には仏陀の生涯や仏教の宇宙観を表した極彩色の壁画が描かれています。本堂全体がとても神秘的だったのを覚えています。本堂内は写真撮影禁止なので、撮影できなかったのが残念でしたが、素晴らしかったです。

メインメニュー

タイ情報一覧

携帯サイト