ワットプラケオは別名エメラルド寺院とも呼ばれます。本堂に祀られている本尊がエメラルドのような色をしたヒスイで作られているからなのだそうです。タイで最も格式の高い寺院で、多くのタイ人、外国人旅行者も訪れているようです。

バンコク遷都に合わせ1782年に建てられた寺院です。寺院内には、本尊の祀られている本堂のほかに、プラ シー ラタナー チェディ、プラ モンドップ、プラサート プラ テーピドン、等の仏塔などもあり、寺院内全てがとても美しかったのを覚えています。あらゆるところで目にした壁画も素晴らしく、暑くても、来て良かったと思える場所です。ワットプラケオを囲む回廊の内側描かれている壁画は叙事詩ラーマーキエンの世界を描いた物なのだそうです。その他にも、かなり精密に作られたアンコールワットの模型もあり、見所がいっぱいの寺院内です。

メインメニュー

タイ情報一覧

携帯サイト