タイ語を話す上で一番難しいなあと思うことは、5つの異なるイントネーションです。誤ったイントネーションで話すと、意味が違ってくるのでタイ語を話すときには気をつけるようにしています。

気をつけているのですが、なかなかうまくいかなくて疲れる事が良くあります。話の流れから理解してもらえる場合が多いのですが、タイ語を話すにはイントネーションをしっかり把握した方がよさそうです。イントネーションには、中くらいの高さで平らに発音する、低く平らに発音する、高いところからストンと落とす、高いところから少し上昇させる、低いところから一気に上昇させるというように5つにわかれます。この違いがなかなか難しいのですが、がんばって習得しようと思っています。